ツーショットダイヤルでサクラに振り回されたくないなら

ツーショットダイヤルにサクラはつきもので、自分としてはサクラを大否定するつもりはありません。テレフォンセックスなどの応じてくれた時には盛りり上げ上手ですしセックスへ持っていくまでの攻略法サクラだと言っても会いたくなった相手とあわないわけではありません。「絶対絶対今日やりたい!」というのでなければ、暇つぶしにはなります。ただお金がかかることですし「絶対絶対今日したい!直接会ってしたいんだ!」なんてときに、どこにいるかわからないサクラの人にかまってるヒマもお金もありません。すぐに他の女性にアタックしたいところです。
じゃ、サクラの女性はどう見分けるの?ってことですが、定番は地元ネタです。お天気でもいいですし、街の話でもいいですし、お店の話なんかもいいですね。「昨日の雨、大丈夫だった?」なんてカマをかけ「え?コッチ降ってなかったよ。」と正しく応えてくるならまずまず。本当に雨が降っていたなら「ひどかったねぇ」となるでしょう。「あそこに出来たパスタ屋しってる?もう行った?なんだっけ、あのデパート。。。」などと話を振って、「ああ、県民百貨店のこと?」などとシッカリした答えが出れば、これもOK。本当に地元のことを知っている可能性が高く、サクラじゃない確率が大きくなります。サクラは全国何処から掛けているかはわかりません。遠い土地から相手をしているのかも知れないわけです。様々な地元ネタなどでサクラの疑いが大きくなったとき、「サクラなの?」ということをすいしうしている人もいますが、これはオススメしません。そういう人は「サクラなら電話を切るだろうし、そう言ってしまった時点でサクラじゃない女子も気分を悪くしているので関係性は築けない。コッチから電話を切ってしまおう。」と言うわけです。しかし一般女性の可能性があるわけですから、急に切られるなんて傷ついてしまうはずです。楽しく遊びたいと思っているのに、気分が悪くなりますよね。急にブッチリ切らないのは最低限のマナーです。ちょっと幼児が出来たからでもなんでもいいですから、さようならと言って切れる状況にしましょう。ツーショットダイヤルを利用している一般女性は、ゴクゴク普通の女の子で、そんなに鉄の心臓をしているわけではありません。
出会いを求めて電話をかけて、「サクラ?」とまで言われてブッチギリまでされたら泣いてしまいます。お金がかかっているし目的もあるわけですからそうしたい気持ちもわかりますが、ツーショットダイヤルを楽しむためには相手の気持も考えるだけの余裕は必要です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です